teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


chronicle

 投稿者:山田  投稿日:2019年 2月 2日(土)14時35分25秒
返信・引用
  1488年1月22日(長享二年) 後鳥羽上皇二百五十回忌 『水無瀬三吟百韻』奉納

1638年2月22日(寛永十五年) 後鳥羽院四百年忌御会 追善和歌三十首

・・

1921年(大正十年) 聖徳太子一千三百年遠忌奉賛・聖霊大会(法隆寺)

1923年(大正十二年)9月1日11時58分32秒頃  関東大震災M7.9

・・
 
 

岸信介はイギリス人だったのか。

 投稿者:さくら  投稿日:2019年 1月31日(木)17時01分55秒
返信・引用
  岸信介はイギリス人だったのか。

http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/1/9/5/6/n1956.html#12_12
http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/1/9/4/5/n1945_1001.html#10_24
http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/1/8/5/8/n1858.html#1_25
http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/1/9/5/7/n1957.html#2_25

(個人的7意見)
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2019年 1月25日(金)01時34分35秒
返信・引用
  ・・
下官詠曰、
忽然心裏愛、不覚眼中憐。未関雙眼曲、直是寸心偏。
十娘詠曰、
眼心非一處、心眼舊分離。直令渠眼見、誰遣報心知。
下官詠曰、
舊来心使眼、心思眼剰傳。由心使眼見、眼亦共心憐。
十娘詠曰、
眼心?憶念、心眼共追尋。誰家解事眼、副著可憐心。

・・
十娘即遵命曰、
関関雎鳩、在河之洲。窈窕淑女、君子好仇。
次、下官曰、
南有樛木、不可休息。漢有遊女、不可求思。

a Mai K
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2019年 1月20日(日)00時26分50秒
返信・引用
  ・・
巧兒舊来鐫未得
畫匠迎生摸不成
相著未相識
傾城複傾國
迎風帔子鬱金香
照日裙裾石榴色
口上珊瑚耐拾取
頰裏芙蓉堪摘得
聞名腹肚已猖狂
見面精神更迷惑
心肝恰欲摧
踴躍不能裁
徐行歩歩香風散
欲語時時媚子開
靨疑織女留星去
眉似恒娥送月来
含嬌窈窕迎前出
忍笑嫈冥返卻廻

a Mai K
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2019年 1月17日(木)21時30分24秒
返信・引用
  ・・
薫香四面合
光色両辺披
錦障劃然巻
羅帷垂半欹
紅顔雑緑黛
無処不相宜
艶色浮粧粉
含香乱口脂
鬢欺蝉鬢非成鬢
眉咲蛾眉不是眉
見許実娉婷
何処不軽盈
可憐嬌裏面
可愛語中声
婀娜腰支細細許
賺舌眼子長長馨

a Mai K
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2019年 1月16日(水)16時51分28秒
返信・引用
  ・・
十娘天上無双、人間有一。依依弱柳、束作腰支、澹澹横波、飜成眼尾。纔舒両頬、熟疑地上無華、乍出双眉、漸覚天辺失月。能使西施掩面、百遍焼粧、使南国傷心、千廻撲鏡。洛川廻雪、只堪使畳衣裳、巫峡仙雲、未敢為擎鞾履。忿秋胡之眼拙、枉費黄金、念交甫之心狂、虚当白玉。

a Mai K
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2019年 1月13日(日)23時11分14秒
返信・引用
  ・・

阿佐<里><須流> 阿末能古等母等 比得波伊倍騰 美流尓之良延奴 有麻必等能古等
あさりする海人の子どもと人は言へど見るに知らえぬ貴人の子と

多麻之末能 許能可波加美尓 伊返波阿礼騰 吉美乎夜佐之美 阿良波佐受阿利吉
玉島のこの川上に家はあれど君をやさしみあらはさずありき

麻都良河波 可波能世比可利 阿由都流等 多々勢流伊毛<何> 毛能須蘇奴例奴
松浦川川の瀬光り鮎釣ると立たせる妹が裳の裾濡れぬ

麻都良奈流 多麻之麻河波尓 阿由都流等 多々世流古良何 伊弊遅斯良受毛
松浦なる玉島川に鮎釣ると立たせる子らが家道知らずも

等富都比等 末都良能加波尓 和可由都流 伊毛我多毛等乎 和礼許曽末加米
遠つ人松浦の川に若鮎釣る妹が手本を我れこそ卷かめ

和可由都流 麻都良能可波能 可波奈美能 奈美邇之母波婆 和礼故飛米夜母
若鮎釣る松浦の川の川なみの並にし思はば我れ恋ひめやも

波流佐礼婆 和伎覇能佐刀能 加波度尓波 阿由故佐婆斯留 吉美麻知我弖尓
春されば我家の里の川門には鮎子さ走る君待ちがてに

麻都良我波 奈々勢能與騰波 与等武等毛 和礼波与騰麻受 吉美遠志麻多武
松浦川七瀬の淀は淀むとも我れは淀まず君をし待たむ

麻都良河波 <可>波能世波夜美 久礼奈為能 母能須蘇奴例弖 阿由可都流良<武>
松浦川川の瀬早み紅の裳の裾濡れて鮎か釣るらむ

比等未奈能 美良武麻都良能 多麻志末乎 美受弖夜和礼波 故飛都々遠良武
人皆の見らむ松浦の玉島を見ずてや我れは恋ひつつ居らむ

麻都良河波 多麻斯麻能有良尓 和可由都流 伊毛良遠美良牟 比等能等母斯佐
松浦川玉島の浦に若鮎釣る妹らを見らむ人の羨しさ

a Mai K
 

遊<於>松浦河

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2019年 1月12日(土)01時45分40秒
返信・引用
  ・・
余以暫徃松浦之縣逍遥 聊臨玉嶋之潭遊覧 忽値釣魚女子等也 花容無雙 光儀無匹 開柳葉於眉中發桃花於頬上 意氣凌雲 風流絶世 僕問曰 誰郷誰家兒等 若疑神仙者乎 娘等皆咲答曰 兒等者漁夫之舎兒 草菴之微者 無郷無家 何足稱云 唯性便水 復心樂山 或臨洛浦而徒羨<玉>魚 乍臥巫峡以空望烟霞 今以邂逅相遇貴客 不勝感應輙陳<u>曲 而今而後豈可非偕老哉 下官對曰 唯々 敬奉芳命 于時日落山西 驪馬将去 遂申懐抱 因贈詠歌曰


a Mai K
 

・・

 投稿者:かぐやまの花こ  投稿日:2019年 1月10日(木)23時34分7秒
返信・引用 編集済
  斂咲偸残靨
含羞露半脣
一眉猶叵耐
双眼定傷人

a Mai K
 

・・

 投稿者:秋魚  投稿日:2019年 1月 2日(水)20時32分13秒
返信・引用
  佐保姫の染めゆく野べはみどり子の袖もあらはに若菜つむらし
                    順徳院

・・

忘れじな小夜の中山ホトトギス
 

レンタル掲示板
/187